ニキビ跡クレーターの原因

ニキビ跡がクレーターになってしまう原因は、

ニキビの炎症がひどくなったときに、表皮だけでなく肌の再生に関係する真皮までもがダメージを受けてしまい、肌の新陳代謝を正常に行うことができなくなることです。

周囲の正常な肌とダメージを受けた肌とのバランスが崩れ、クレーター状の跡が残ってしまいます。

手術痕や傷痕のように皮膚が盛り上がって固まってしまうように、毛穴周辺の皮膚が固まってしまった状態になってしまいます。

これを改善するには、固まった皮膚を柔らかくして、新陳代謝を正常に戻すことにより、肌を再生してゆく必要があります。
 

ニキビ跡クレーターを治す方法

ニキビ跡のクレーターを治す方法は、ダメージを受けた肌を正常に戻すことです。

そのための治療には、レーザー治療やピーリングなどがあります。
しかし、一時的に肌を傷つけてしまうので問題が生じた場合のリスクが大きく、今現在、炎症があったり肌の弱い敏感肌の方にはおすすめできません。

根本的に治す方法は、肌の新陳代謝を正常に戻してゆくことが、安全かつ確実な方法です。

そのためには肌のバリア機能をケアして、自然治癒の速度を速めてゆくことが大切です。
こういった治療だと、同時にニキビの再発を抑えることにもなり、一石二鳥なのでおすすめです。

肌バリア機能をケアするには徹底した保湿ケアが重要です。
保湿によって角質層の乾燥を抑えることにより、バリア機能が回復して新陳代謝が正常に戻ると、肌トラブルが改善されてゆきます。

しかし、一度固まってしまった肌には、普通の保湿では浸透しにくくなっています。
まずは、肌を柔らかくして、浸透しやすい状態をつくる必要があります。


そんなニキビ跡のクレーターに最適なのが、導入型柔軟化粧水リプロスキンなんです。

まずは、肌の柔軟性を高めて浸透しやすい状態を作り、美容効果を高めてくれます。


​いまなら120日間返金保証(商品を使い切っていてもOK)を実施しています。

自分の肌に合うかどうか安心して試すことができます。


ニキビ跡のクレーターでお悩みなら、こちらから

ニキビ跡を残したくないなら!! Reproskin(リプロスキン)

 

 

 

 

 

© 2015 ニキビ クレーター rss